軽自動車が強い

中古車査定日本には数多くの自動車メーカーがひしめいています。ざっと思い浮かべるだけでも、トヨタ、ホンダ、ニッサン、ミツビシ、スバル、いすゞ、ミツオカなど、様々なものを連想することが出来るでしょう。今回ここで特に見ていきたいのは、そんななかでも異彩を放つ自動車外車、スズキ自動車についてです。まず、ここではそんなスズキの特徴について見て行きましょう。スズキ自動車は静岡県は浜松市南区に本社を持っている自動車外車で、実はその本領となっているのは軽自動車であります。通常の自動車や大型車においてはトヨタやホンダなどに残念ながら後塵を拝している状況であるものの、こと軽自動車に関しては国内ナンバーワンであり、大手中の大手であるということが出来るのではないでしょうか。まずこの鈴木自動車の起こりとなったのは、もともとは織り機メーカーとして創業した鈴木道雄による功績が大きいと言えます。最初は織り機の生産を行なっていたのですが、日本が重厚型の国になっていくのに合わせて、金属製自動織り機の生産を開始、これがだんだんと精密機械加工の技術を養育していきました。これが、ある意味では鈴木自動車の始まりとなっているといえるでしょう。戦前から、スズキは自動車開発について興味は持っていました。実際、オースチンのコピーなどを試みるなどのことを行なっていたものの、あくまでも社内でのみ行われているもので、表立っての参入となるのは戦後まで待つことになります。この時代、屈指のオートバイブームに乗るように、オートバイの開発を開始、その後軽自動車分野にも乗りだしたことで、主に小型の四輪や二輪などを中心として企業発展を遂げてきたということが出来るでしょう。軽自動車についてがメインであるものの、小型自動車や普通車の生産も行われていて、こちらにも力を入れているという状況があります。ちなみに主力である軽自動車はすでに三十四年もの一位を守り続けていたのですが、このほどダイハツに一時的に抜かれるなど、ダイハツ自動車とはライバル関係にあるといえるでしょう。これを機に軽自動車一位に拘泥するのではなく、よりマルチな方面への展開を考えられる様になったと思えば、或いは悪いことばかりではないのかも知れません。また、自社による開発ばかりではなく、持ち前の軽自動車技術を生かして日産などにはOEM提供するなどしていて、日産自動車からはMRワゴンからモコ化、アルトからピノが作られました。逆に日産からもOEMの供出を受け、セレナをランディとして販売するなど、多方面における協力関係を見ることも出来るでしょう。また、日本国内の社ばかりではなく、ゼネラル・モーターズとの提携などを行なっている点についても注目に値するのではないでしょうか。カルタスやエスクードなどは輸出され、海外においても高い人気を誇るに至りました。